栗原中央病院のホームページをご覧いただきありがとうございます。本院は
 人口約7万人の栗原市のなかで二次救急を担う急性期病院です。昨年度の救急
 車の受け入れ台数は約1760台で、手術件数は約850件です。
  栗原中央病院には現在16診療科:内科・神経内科・消化器内科・外科・整形
 外科・産婦人科・眼科・耳鼻咽喉科・小児科・皮膚科・麻酔科・精神科・泌尿
 器科・放射線科・リハビリテーション科・病理診断科があり、日本内科学会認
 定医制度教育関連病院や日本外科学会専門医制度修練施設をはじめ、あわせて
 13の研修施設となっております。また、平成20年からは基幹型臨床研修病院と
なりました。15名の臨床研修指導医が初期臨床研修医を迎えて診療や教育の幅を広げています。
 副院長を中心に看護部も診療現場の最前線で力を発揮し、様々な認定看護師の資格をとり専門診療
に力を入れています。同時に診療放射線科、臨床検査科、リハビリテーション科、薬剤科、栄養管理
室もそれぞれ最新の知識や技術を駆使して診療に当たっています。
 本年度より後期研修医の医師には高次医療機関で学んで頂き、自己のスキルアップをめざして頂く
ために週1回程度の研修日を設けることとしました。今後も東北大学などと連携をはかりながら、職
員ひとりひとりのレベルアップを図り、地域の医療に貢献したいと考えております。

栗原市立栗原中央病院 院長 中鉢誠司