栗原市立宮野小学校・築館中学校  栗原中央病院分校

入院しながら勉強ができます

  栗原中央病院の中には、宮野小学校と築館中学校の分校があります。入院している小学生・中学生は、 簡単な手続きで授業が受けられます。

  学習の空白をなくし、子供たちが今通っている学校にスムーズに戻れることを狙いにしています。 

一人一人に合わせた学習

①  今まで通っていた学校と学習進度をあわせます。教科書や問題集などそのまま続けて学習します。

②  少人数や個別の学習が中心ですので、その子の理解度に合わせ発展や補修の学習をします。

③  治療が優先します。体調に合わせ指導時間や内容を調節したり、場所を病室にしたりしながら対応します。 

入院生活を楽しく

  いろいろな学年の子供たちが一緒に行事したり、日常的にゲームをしたりしています。 その中で、自分が楽しむだけでなく、お互いに思いやる心も芽生えます。

Q1  これまでどんな子供たちが勉強しましたか?

  •   手足の骨折やじん帯の損傷、椎間板ヘルニアの怪我や喘息などで入院した子供たちです。 市内だけでなく、登米市などからの利用もありました。

Q2  どのくらいの間勉強していましたか?

  •   入院期間中在籍できます。これまでの様子では、最短で1週間でしたが、ほとんどの子は2週間から3ヶ月間です。

Q3  費用はどのくらいかかりますか?

  •   これまで通っていた学校の教材をそのまま使いますので、特にかかりません。

Q4  分校に入るにはどうしたらいいですか?

  •   1度転校の手続きをしますが、退院と同時に元の学校へ戻ることができます。 簡単な手続きです。分校をご覧になり、ご相談ください。

 分校ホームページはコチラ☆