私どもは、病院に勤務する薬剤師の最も大切な仕事が、安全な薬物治療を支援することであるという基本的な考えに基づいて日常業務を行っています。薬剤師独自の調剤や製剤業務にとどまらず、薬剤管理指導、医療安全対策、院内感染対策、栄養サポートチーム、糖尿病教室などでは医師、看護師等との連携を保ちつつ、医療チームの一員としての活動を展開しています。  

スタッフ

副 科    長
(医薬品安全管理責任者)

髙橋 裕保

博士(薬学)

薬  剤  師

柏崎  潤

NST専門療法士


佐々布 隆暁

漢方薬・生薬認定薬剤師

日本DMAT隊員(業務調整員)

 

後藤 紗希

 

高橋 亜樹

 

鈴木 多加也

 

田中 健人

 

野田 貴子

 

山村 拓海

事務補助 3名
  
 
      
 
 

所属学会等

  • 日本病院薬剤師会   
  • 日本薬学会 
  • 日本静脈経腸栄養学会 

目指す薬剤師像

  薬物療法に貢献するための知識のみならず、積極的な気質、行動力、実現するための工夫ができ、チーム医療の中で薬の専門家として活躍できる薬剤師。

業務内容

◎調剤

 電子カルテと連動した散薬監査システム、処方箋・薬袋印字システム、散薬分包機、錠剤分包機等を整備し、ミスが発生しにくい環境を確保し、調剤を行っています。


散薬分包機 散薬監査システム
各種制御端末 自動錠剤分包機
   
薬袋印字システム    
◎注射薬調剤

 病棟への注射個人セットは、電子カルテに連動した注射薬ピッキングシステムにより自動化されています。抗がん剤は、登録されたレジメンからのみオーダー可能に設定し、調製は薬剤科で担当しています。また、クリーンベンチを用いTPN製剤の調製も実施しています。

クリーンベンチ

安全キャビネット

薬品倉庫 自動注射払出機
◎医薬品管理

 麻薬、向精神薬、毒薬、劇薬、特定生物由来製剤などの医療用医薬品が円滑に供給できるよう、関連法規に基づいて適切な管理を行っています。
 麻薬、向精神薬の使い方、扱い方についての職員研修や、危険薬についての情報提供も定期的に実施しています。 

◎医薬品情報管理

 院内採用医薬品の副作用情報など、国内データだけでなく海外規制機関からの情報も取り入れ、収集・調査を行っています。月1回の薬剤科ニュースや各種お知らせ、薬事委員会に関する資料作成など様々な情報処理業務を行っています。

 

◎薬剤管理指導

 入院患者さんの薬物治療についての情報を管理しています。
 病棟では、チーム医療の一員として患者さんへの説明だけではなく、医師や看護師からへの情報提供も行っています 。

 

◎医薬品安全管理

 平成19年4月施行改正医療法に従って医薬品安全管理に関わる業務手順書の作成・見直しを行い、職員研修を定期的に実施しています。
 これらの活動により、院内における安全な医薬品の使用を維持することが薬剤師の大切な使命と考えています。

◎チーム医療への参加

 院内感染対策チーム(ICT)では抗菌薬使用状況の把握と分析、栄養サポートチーム(NST)や糖尿病療養指導チームでは患者固有の問題点を薬剤師独自の視点で探り、その改善策としての処方提案を行っています。また、医療安全対策委員会を通じ、与薬関連ヒヤリハットの再発防止策を積極的に提言するなど、多岐にわたりチームの一員として活動しています。

 

               

        

 

  

 

 

◎学生教育

 薬学部学生の実務実習を行っています。

 6年生長期実務実習に必要な資格を取得し、準備を整えております。

 また、本年度よりインターシップを導入し、学生に職場の雰囲気を体験できる環境づくり取り組んでいます。


 

◎病院見学

 ←こちらをクリックすると病院見学のページリンクします。