臨床検査科は、血液・尿などを調べたり体の機能を調べたりしてデータの提供をおこなっている部門です。健康な方のデータは通常、一定の範囲内にありますが、病気になると、このデータに変化があらわれます。提供されたデータはいずれも病気の診断や治療、予防になくてはならない存在となっています。

業務方針

  当検査科では、開院当初より中核病院として地域住民、患者様の要望および医療ニーズに的確に応えられる医療サービスを実施することを目的とし、次の業務方針を掲げています。

  1. 業務の効率化・省力化を図り、迅速で正確な検査結果を提供する。
  2. 生理機能検査を強化する。
  3. 待ち時間の短縮など患者サービスの向上を図る。

スタッフ

  臨床検査技師  11名  /  臨時技師  1名  /  検査助手  1名

     

所属学会等

  • 日本臨床衛生検査技師会
  • 日本超音波学会
  • 日本輸血細胞治療学会

業務内容

生理機能検査部門(体の機能を調べる検査)
  • 心電図、負荷心電図、ホルター心電図、PWV、心臓エコー、下肢エコー、頚動脈エコー、肺機能、脳波、平衡機能検査、聴力など
検体検査部門(体から採取された材料を調べる検査)
  • 一般検査(尿・便検査など)
  • 血液検査(血球算定検査、凝固線溶検査など)
  • 生化学免疫検査(肝機能検査、糖検査など)
  • 細菌検査(感染に関する情報提供、一般培養、薬剤感受性検査など)
輸血検査部門(安全な輸血をするための検査)
  • 輸血療法の管理責任、交差適合試験など
病理検査部門(体の臓器や細胞を調べる検査)
  • 術中迅速検査、組織・細胞検査など
外部委託検査
  • 特殊項目など
採血業務
  • 外来採血

*当検査科は休日、夜間緊急検査にも対応しています。 

検査機器

生化学・免疫自動分析装置

 血球計数器

心臓超音波装置
 
輸血システム 自動染色装置 凍結切片作成装置