1.業務方針

 地域の中核病院としての役割を認識し、地域住民、患者の要望及び医療需要に的確に応えられる患者中心の医療・看護サービスを実施することを目的とし、次の業務方針を掲げる。

① 医学的リハビリテーション機能の充実を図る。

② 救急医療体制の整備に対応したリハビリテーション機能の充実を図る。

③ 保健、福祉と連携したリハビリテーション医療の提供を図る。

④ 救急医療体制の提供等に対応した理学療法、作業療法及び言語聴覚療法を中心とした 早期リハビリテーション医療を提供する。

⑤ 回復期の在宅復帰に向けたリハビリテーションの提供。 

2.スタッフ

  • リハビリテーション科長 (整形外科部長 大泉 晶 兼務)
  • 理学療法士 13名
  • 作業療法士 4名
  • 言語聴覚士 2名
  • 事務補助 1名
  • 看護助手 1名
  • 非常勤職員
  • リハビリテーション科専門医(毎週月・木曜日診察)
  • 東北大学病院、東北医科薬科大学より医師派遣 

 

3.所属学会等

  • 日本理学療法士学会
  • 日本作業療法士協会
  • 日本言語聴覚士協会
  • 日本摂食嚥下リハビリテーション協会
  • 日本ボバース研究会
  • 日本コミュニケーション障害学会
  • 日本心臓リハビリテーション学会 

4.施設基準

  • 脳血管疾患等リハビリテーション(Ⅰ)
  • 運動器リハビリテーション(Ⅰ)
  • 呼吸器リハビリテーション(Ⅰ) 
  • がん患者リハビリテーション
  • 心大血管疾患・リハビリテーション(Ⅰ)(平成29年4月 取得)

 5.業務内容

  1. 理学療法対象疾患

 ①運動器疾患

  • 骨折その他外傷性疾患術前、術後
  • 股関節、膝関節等の変性疾患に伴う人工関節等術前術後
  • 腰部椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、その他脊椎疾患術前術後
  • その他整形外科疾患

 ②脳血管疾患等

  • 脳梗塞、脳出血その他脳血管疾患
  • パーキンソン病、脊髄小脳変性症、多発性硬化症等の特定疾患
  • 開腹開胸術前術後その他外科疾患
  • その他 

 ③呼吸器疾患

  • 肺炎、COPD、その他呼吸器疾患

 ④循環器疾患

  • 心筋梗塞
  • 狭心症
  • その他 循環器疾患

2.作業療法対象疾患

 ①運動器疾患

  • 上肢の骨折その他外傷性疾患術前、術後。手指の骨折、腱損傷等ハンドセラピー領域の対象者
  • 肩の腱板断裂術前・術後。鎖骨・上腕骨骨折・脱臼
  • 脊髄疾患の術前・術後、その他脊椎疾患術前術後
  • 主に上肢の整形外科疾患、ADL・家事動作支援へのアプローチ

 ②脳血管疾患等

  • 脳梗塞、脳出血その他脳血管疾患
  • パーキンソン病、脊髄小脳変性症、多発性硬化症等の特定疾患
  • 開腹開胸術前術後その他外科疾患
  • 高次脳機能障害
  • その他の多様な疾患も含め運動機能・ADL・家事動作支援へのアプローチ

 ③呼吸器疾患

  • 肺炎、COPD、肺気腫等その他呼吸器疾患のADL・家事動作支援へのアプローチ

 ④循環器疾患

  • 心筋梗塞
  • 狭心症
  • その他 循環器疾患

3.言語聴覚療法の対象疾患

  失語症、運動障害性構音障害、摂食・嚥下障害、高次脳機能障害等に対する治療 

6.主な医療機器 

 ハンドヘルドダイナモメーター、重心動揺計、干渉波治療器、ハドマー、超音波治療器、その他物理療法機器、作業療法機器、言語聴覚療法機器

 スタッフ        バイオデックス 水中トレッドミル

 

電動昇降式流し台

 

肩関節CPM

 

キセノン治療器

 

理学療法室

 

作業療法室

 

言語聴覚室

 

7.リハビリテーション訓練室増築棟

 リハビリテーション訓練室増築棟が、2011年4月15日に完成しました。

 栗原医療圏の唯一のリハビリテーション施設の拠点施設として、一層の充実と効率化を図ります。

 

8.臨床実習認定施設

平成28年度実績
  • 理学療法士(3校)
  • 作業療法士(3校)
  • 言語聴覚士(0校)