業務方針

 組織医療の一翼を担い、食事療法を通じて患者の疾病に貢献すると共に、患者本位のサービスを充実させることを目的に次の方針を掲げる。

  1. 医師が発行する食事箋に基づき、栄養学的に考慮及び栄養病理に基づき、 病状に応じた食事摂取基準を満たす食事の提供を行なうとともに、他部門との協力のもと医療チーム業務を推進する。
  2. 食事の質と安全を確保しつつ、栄養管理業務の効率化と合理的な運用を図る。
  3. 可能な限り患者様の嗜好、希望に沿う食事の提供及び適温適時に配慮するとともに、積極的な栄養指導を通じて食事の重要性の啓蒙を図る。 

スタッフ

室長(管理栄養士)  1名  /  管理栄養士  2名  /  調理スタッフ  15名  

所属学会等

  • 日本栄養士会
  • 日本静脈経腸栄養学会

業務内容

フードサービス

1.食事時間 朝食   8:00
昼食 12:00
夕食 18:00
   

3月3日
おひなさまの時の食事

2.配膳方法  温かいものは温かく、冷たいものは冷たいまま食べていただけるよう、保温保冷配膳車を使用しています。
3.選択メニュー  常食・全粥食を対象に、毎週水曜日から金曜日に実施しています。
4.個人対応  患者様の症状や要望に応じて食事を提供するよう配慮しています。
5.行事食

 季節や行事にあわせた食事を提供します。

 

 七 夕

 

クリスマス

6.災害時の対応   万が一に備えて、非常食品を3日分備蓄しています。

栄養食事指導

個人指導

集団指導

  外来・入院の食事療法の必要な患者様に実施しています。

 糖尿病教室
  毎月第1水曜日に食品交換表を使用しての食事管理について話します。


栄養サポートチーム(NST)への参加 (NST専従管理栄養士)
  • 医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師、言語聴覚士、管理栄養士で構成されたNSTの一員として定期的(毎週火曜日)に院内ラウンド(カンファレンス)を行い、 管理栄養士の観点から患者様個々の栄養状態に応じた提案を行ないます。
  • 糖尿病療養チームへの参加
  • 患者会のサポート


臨地校外実習

  管理栄養士、栄養士の実務実習を行ないます。